9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円35銭から109円58銭まで上昇し、109円51銭で引けた。先週分の米新規失業保険申請件数は5週間ぶりの低水準となるなど、米雇用統計への期待が高まりドル買いが優勢となった。また、米中通商協議における第1段階協定の成立が確実となったことを好感したリスク選好の円売りも強まった。



ユーロ・ドルは、1.1117ドルから1.1093ドルまで下落し、1.1107ドルで引けた。ユーロ・円は、121円49銭から121円69銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.3022ドルから1.3069ドルまで上昇。英議会下院はジョンソン首相が欧州連合(EU)と合意した離脱関連法案を可決し、上院の承認を得て今月31日に離脱することが濃厚となったため、ポンド買いが強まった。ドル・スイスは、0.9711フランまで下落後、0.9738フランまで上昇。中東の緊張緩和で安全通貨のフラン買いが後退した。