30日午前の東京市場でドル・円は、108円90銭台で推移。コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感は高まっており、リスク回避的なドル売り・円買いは継続。日経平均株価は365円安で午前の取引を終えた。午後の取引で節目の23000円を下回る可能性があることから、ドルの上値はやや重くなっている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円89銭から109円08銭、ユーロ・円は119円91銭から120円12銭、ユーロ・ドルは1.1008ドルから1.1018ドル。



■今後のポイント

・新型肺炎の感染拡大に対する警戒感残る

・米長期金利の低下

・中東情勢悪化の可能性



・NY原油先物(時間外取引):高値53.20ドル 安値52.96ドル 直近値53.02ドル