30日の東京外為市場でドル・円は切り返し。米国経済のリセッション懸念によるドル売りが先行したほか、年度末に伴う国内勢の売りも加わりドルは107円12銭まで下落。ただ、欧州通貨の売りが強まるなか、夕方にかけてドルは買戻しで108円21銭まで値を切り上げた。



・ユーロ・円は120円06銭から118円86銭まで下落後、値を戻す展開に。

・ユーロ・ドルは1.1144ドルから1.1061ドルまで弱含んだ。



・17時時点:ドル・円108円00-10銭、ユーロ・円119円60-70銭

・日経平均株価:始値18,884.07円、高値19,084.97円、安値18,578.20円、終値19,084.97円(前日比304.46円安)



【要人発言】

・特になし



【経済指標】

・特になし