23日午前の東京市場でドル・円は107円10銭台で推移。アジア市場におけるドル・円、ユーロ・ドルなどの主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いており、中国本土株式市場の動向が注目されている。大幅安となった場合、リスク選好的なドル買い・円売りは縮小するとの見方が多いようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円11銭から107円20銭、ユーロ・ドルは1.1564ドルから1.1577ドル、ユーロ・円は123円94銭から124円07銭。



■今後のポイント

・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念

・欧州復興基金で合意

・米政策金利は長期間据え置きの公算



・NY原油先物(時間外取引):高値41.98ドル 安値41.67ドル 直近値41.79