24日のニューヨーク外為市場でドル・円は106円29銭から105円68銭まで下落して引けた。



米国がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じた報復措置として中国も米国に成都の総領事館閉鎖を要求、トランプ大統領は「米中貿易協定は署名当初に比べ意味がなくなった」と悲観的な見解を示したため米中対立深刻化への懸念にリスク回避の円買いが加速した。また、米3年、5年債の利回りが過去最低を記録し、ドル売りが強まった。



ユーロ・ドルは1.1598ドルから1.1648ドルまで上昇し引けた。



ユーロ・円は122円84銭まで下落後、123円70銭まで上昇。



ポンド・ドルは1.2748ドルまで下落後、1.2804ドルまで上昇した。



ドル・スイスは0.9249フランまで上昇後、0.9216フランまで下落した。



[経済指標]
・米・6月新築住宅販売件数:77.6万戸(予想:70.0万戸、5月:68.2万戸←67.6万戸)
・米・7月製造業PMI速報値:51.3(予想:52.0、6月:49.8)
・米・7月サービス業PMI速報値:49,6(予想:51.0、6月:47.9)
・米・7月総合PMI速報値:50,0(6月:47.9)