欧州市場でドル・円は一段安となり、105円30銭まで値を下げた。ユーロ・ドルは1.1681ドルまで失速したが、その後は押し目買いで再び1.17ドル台に浮上し、ドルを下押し。一方、米中関係の悪化を警戒した円買いの継続で、主要通貨は対円で小幅に値を下げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円30銭から105円58銭、ユーロ・円は123円22銭から123円54銭、ユーロ・ドルは1.1681ドルから1.1711ドル。