■やや強含み、追加緩和観測後退が下支え



今週の豪ドル・円はやや強含み。ビクトリア州における都市封鎖長期化の可能性や、4-6月期消費者物価指数(CPI)の下落が嫌気されたが、豪準備銀行(中央銀行)のケント総裁補が「新たな政策措置は検討していない」、「豪ドルの水準を過度に懸念していない」などと述べたことが、豪ドルの下支えとなった。取引レンジ:74円83銭-75円92銭。



■底堅い展開か、豪準備銀行の金融政策は現状維持の予想



来週の豪ドル・円は底堅い展開か。8月4日開催の豪準備銀行(中央銀行)理事会では、政策金利(0.25%)の据え置きや現行政策の維持が予想されている。追加緩和への思惑が再度後退し、豪ドル相場を下支えする要因となりそうだ。6月貿易収支や6月小売売上高も注目される。



○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント

・8月4日:6月貿易収支(5月:+80.25億豪ドル)

・8月4日:6月小売売上高(5月:前月比+16.9%)

・8月4日:豪準備銀行が政策金利発表(0.25%に据え置き予想)

・8月7日:豪準備銀行が金融政策報告発表

予想レンジ:74円80銭-76円80銭