12日午後の東京市場でドル・円は本日高値圏の106円70銭台でのもみ合いが続く。日経平均株価は前日比100円高と上げ幅を拡大しており、リスク選好的な円売りに振れやすい。また、豪ドルなど資源国通貨の弱含みも鮮明で、ドルの上昇を支援しているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円44銭から106円77銭、ユーロ・円は124円95銭から125円16銭、ユーロ・ドルは1.1711ドルから1.1746ドル。