米8月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.3%と、7月+0.6%から低下したが予想+0.2%を上回った。前年比では−0.2%と5カ月連続でマイナスとなったが、予想-0.3%を上回り3月来で最高となった。変動の激しい燃料や食品を除いたコアPPIは前月比+0.4%と、7月+0.5%から低下も予想+0.2%を上回った。前年比でも予想外に+0.6%と7月+0.3%から上昇し3月来で最高となった。



同時刻に発表された先週分新規失業保険申請件数は88.4万件と、予想85.0万件を上回った。失業保険継続受給者数は1338.5万人と、前回1329.2万人から減少予想に反して増加しており、労働市場の回復は鈍い。カリフォルニア州での山火事の影響などが新たな要因として指摘されている。



ドルは軟調。ドル・円は106円14銭から105円98銭まで下落。ユーロ・ドルは欧州中央銀行(ECB)がユーロ高に過剰に反応しない判断を受けて1.1840ドルから1.1903ドルまで急伸した。



【経済指標】

・米・8月生産者物価指数(PPI):前月比+0.3%(予想:+0.2%、7月:+0.6%)

・米・8月生産者物価コア指数:前月比+0.4%(予想:+0.2%、7月:+0.5%)

・米・8月生産者物価指数:前年比−0.2%(予想:-0.3%、7月:-0.4%)

・米・8月生産者物価コア指数:前年比+0.6%(予想:+0.3%、7月:+0.3%)

・米・先週分新規失業保険申請件数:88.4万件(予想:85.0万件、前回:88.4万件←88.1万件)

・米・失業保険継続受給者数:1338.5万人(予想:1290.4万人、前回:1329.2万人←1325.4万人)