21日午後の東京市場でドル・円は104円30銭付近と、変わらずの値動き。東京市場の休場で手がかりが乏しく、様子見ムードが広がる。欧米株式先物や中国株は下げ渋っており、一段の円買いを抑制。ただ、ドル売りに振れやすい地合いに変わりはなさそうだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円27銭から104円58銭、ユーロ・円は123円64銭から123円94銭、ユーロ・ドルは1.1840ドルから1.1870ドル。