24日の東京市場でドル・円は反落。日経平均株価などアジア主要株価指数の弱含みでドルにリスクオフの買いが先行し、午前中に105円45銭まで上昇。ただ、日本株の下げ幅拡大でリスク回避の円買いが強まり、ドルを下押し。夕方にかけて105円23銭まで値を下げた。



・ユーロ・円は123円12銭から122円64銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1680ドルから1.1645ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円105円30-40銭、ユーロ・円122円80-90銭

・日経平均株価:始値23,215.00円、高値23,234.72円、安値23,039.48円、終値23,087.82円(前日比258.67円安)



【金融政策】

・スイス国立銀行(中銀):政策金利-0.75%に据え置き



【要人発言】

・中国外務省

「豪出身の学者2人の国外追放は、中国の主権の問題」

・スイス国立銀行(声明)

「フランの価値は依然として高い。上昇圧力に介入する意思」

「2020年のGDPは5%程度縮小の可能性」

・日銀金融政策決定会合議事要旨(7月14-15日分)

「新型コロナの影響を注視し、必要があればちゅうちょなく追加的な金融緩和で一致」



【経済指標】

・NZ・8月貿易収支:-3.53億NZドル(予想:-3.50億NZドル、7月:+4.47億NZドル←+2.82億NZドル)

・独・9月IFO企業景況感指数:93.4(予想:93.8、8月:92.6)