<円債市場>

長期国債先物2020年12月限

寄付152円18銭 高値152円20銭 安値152円09銭 引け152円16銭

売買高総計16653枚



2年 416回 -0.155%

5年 144回 -0.125%

10年 359回  0.005%

20年 173回  0.390%



債券先物12月限は、152円18銭で取引を開始。夜間取引の流れを引き継いで買いが先行したもようで、152円20銭まで上げた。その後、財政拡大にともなう国債増発観測から売られたといわれ、152円09銭まで下げた。引けにかけては円高推移などでやや買い戻された。現物債の取引では、2年債と5年債が買われ、10年債と20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は0.13%、10年債は0.66%、30年債は1.40%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.52%、英国債は0.20%、オーストラリア10年債は0.79%、NZ10年債は0.44%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・21:30 米・8月耐久財受注速報値(前月比予想:+1.4%、7月:+11.4%)

・22:00 ウィリアムズNY連銀総裁電話会議参加

・04:10 ウィリアムズNY連銀総裁TV会議参加