30日午前の東京市場でドル・円はじり安となり、105円50銭付近に値を下げている。日経平均株価は前日比200円超安に下げ幅を拡大し、株安を嫌気した円買いが主要通貨を下押しする。一方、上海総合指数はプラスを維持し、円買いを弱めている可能性もある。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円50銭から105円80銭、ユーロ・円は123円77銭から124円25銭、ユーロ・ドルは1.1727ドルから1.1754ドル。