6日午後の東京市場でドル・円は105円60銭台と、変わらずの値動き。日経平均株価は前日比100円高の堅調地合いで、リスク選好の円売りが主要通貨をサポート。ただ、豪準備銀行の政策金利据え置きを受け豪ドルはいったん上昇したが、買い一巡後は失速している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円61銭から105円78銭、ユーロ・円は124円49銭から124円69銭、ユーロ・ドルは1.1778ドルから1.1793ドル。