20日の東京市場でドル・円は上げ渋り。仲値にかけて国内勢による買いが強まり105円35銭から105円62銭まで値を上げたが、買い一巡は失速。ただ、米株高観測を受けドル売りに振れる一方、日本株安を嫌気した円買いは後退しドルは底堅く推移した。



・ユーロ・円は124円03銭から124円34銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.1781ドルまで上昇後は下げに転じ、1.1760ドルまで下落した。



・17時時点:ドル・円105円50-60銭、ユーロ・円124円20-30銭

・日経平均株価:始値23,587.87円、高値23,674.87円、安23,518.29値円、終値23,567.04円(前日比104.09円安)



【金融政策】

・中国人民銀行:1年物ローンプライムレート:3.85%に据え置き



【要人発言】

・ケント豪準備銀行総裁補

「長めの国債買入を定期的に実施する可能性」

「為替への影響も含めポートフォリオのバランスをとる追加の効果もある」

・豪準備銀行(定例会合議事要旨)

「高水準の緩和政策を必要な限り維持することで一致」

「追加的な金融緩和により雇用をサポートできるかを考慮」



【経済指標】

・日・ユーロ圏・8月経常収支:+199億ユーロ(7月:+166億ユーロ)