22日午後の東京市場でドル・円は伸び悩み、104円70銭付近でのもみ合いが続く。アジアや欧米の株価指数が軟調地合いのためリスクオフのドル買いに振れているが、リスク回避的な円買いがドルの上昇を抑制。クロス円では豪ドルに下押し圧力が観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円54銭から104円74銭、ユーロ・円は123円90銭から124円09銭、ユーロ・ドルは1.1838ドルから1.1865ドル。