23日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、104円70銭付近でのもみ合い。午前中はユーロ・円が主導したクロス円の下落に下押しされたが、足元は様子見ムードで円買いは抑制された。また、日経平均株価などアジア株高も、円買いを抑える要因となっているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円67銭から104円94銭、ユーロ・円は123円41銭から124円02銭、ユーロ・ドルは1.1787ドルから1.1824ドル。