23日午後の東京市場でドル・円は104円70銭付近と、動意の薄い値動き。日経平均株価などアジア株高を背景にリスク回避の円買いは抑制され、クロス円は底堅い。ただ、本日発表された豪PMIでサービス業の回復が示されたが、豪ドルは対ドルで弱含み対円でも下押しされる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円67銭から104円94銭、ユーロ・円は123円41銭から124円02銭、ユーロ・ドルは1.1787ドルから1.1824ドル。