2日午後の東京市場でドル・円は上昇基調となり、104円70銭台にやや値を上げた。欧州勢とみられるユーロ買いでユーロ・円が上昇し、ドル・円を小幅に押し上げた。ただ、ドルは足元の高値が意識され、目先の一段の上昇は想定しにくい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円54銭から104円77銭、ユーロ・円は121円70銭から121円97銭、ユーロ・ドルは1.1629ドルから1.1651ドル。