日経平均は628円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で202円程押し上げている。一方、エーザイ<4523>、ミネベアミツミ<6479>、7&iHD<3382>などがマイナス寄与上位となっており、エーザイが1銘柄で87円程押し下げている。セクターでは、精密機器、非鉄金属、情報・通信業、海運業、輸送用機器が値上がり率上位、空運業、鉱業、医薬品、繊維製品、陸運業が値下がり率上位となっている。



後場に入って日経平均は上げ幅を拡大している。ダウ平均先物や上海総合指数、香港ハンセン指数などが高く、東京市場の株価支援要因となっているようだ。