10日午前の東京市場でドル・円は弱含み、前日の急上昇から失速した。日経平均株価は9日の世界的な株高を背景に25000円台に浮上したが、リスク選好的な円売りはすでに一巡し主要通貨は対円で値を下げた。ドルも105円前半で寄り付いた後、円売りの縮小で104円後半に軟化している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円84銭から105円38銭、ユーロ・円は124円04銭から124円53銭、ユーロ・ドルは1.1807ドルから1.1838ドル。



【要人発言】

・加藤官房長官

「来年度予算と3次補正で切れ目なく経済再生を図る」

「経済対策の規模はこれから協議」

・麻生財務相

「3次補正予算の規模はまだ言える状況にない」



【経済指標】

・日・9月経常収支:+1兆6602億円(予想:+2兆251億円、8月:+2兆1145億円←+2兆1028億円)

・中・10月消費者物価指数:前年比+0.5%(予想:+0.8%、9月:+1.7%)

・中・10月生産者物価指数:前年比-2.1%(予想:-1.9%、9月:-2.1%)