午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円50銭近辺で推移。午前の大引け間際に日産自<7201>が三菱自動車<7211>の売却検討に着手とBloombergが報じている。



一方、東京株式市場は日経平均が419円高と朝方より上げ幅を拡大し午前の取引を終了した。朝方発表された、7-9月期のGDPが市場予想を上回ったことが好感され、29年ぶりの高値を更新した。