午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円50銭近辺で推移。10時過ぎに発表された、日銀の国債買いオペは1兆3400億円となり全年限が前回と同額となり無風となった。



一方、東京株式市場は日経平均が90円高と若干上げ幅を縮小している、TOPIXは2.81ポイント安となっており、寄り付き後は、上値の重い値動きが続いている。マザーズ指数、JASDAQ平均は下落しており、個人投資家の高値警戒感が強まっていることで積極的に上値を取る動きは乏しいようだ。