20日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、103円80銭付近を維持している。ユーロ・ドルのじり高で、ドルへの下押し圧力が続く。一方、日経平均株価は前日比106円安の軟調地合いだが、25000円台を維持したことで日本株安を嫌気した円買いを抑制した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円74銭から103円91銭、ユーロ・円は123円17銭から123円48銭、ユーロ・ドルは1.1865ドルから1.1890ドル。