24日午前の東京市場でドル・円は104円60銭台に浮上。前日の米株高を受け日経平均株価は前日比600円超高で26000円台を回復し、リスク選好的な円売りが主要通貨を押し上げている。一方、ドルは現時点でまとまった買いが抑制され、対円での上昇は限定的のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円45銭から104円64銭、ユーロ・円は123円69銭から123円89銭、ユーロ・ドルは1.1837ドルから1.1847ドル。