日経平均は137円高(13時15分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、エムスリー<2413>などがプラス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で46円程押し上げている。一方、ファーストリテ<9983>、テルモ<4543>、ヤマハ<7951>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、その他製品、精密機器、情報・通信業、電気機器、サービス業が値上がり率上位、空運業、保険業、ゴム製品、電気・ガス業、建設業が値下がり率上位となっている。



後場の日経平均はやや伸び悩んでいる。目先高値警戒感が意識され、利益確定売りが出やすいようだ。