29日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移。米追加経済対策の早期実施への期待感を背景にリスク選好ムードが広がり、ドル売り基調に振れた。一方、日経平均株価は27000円台に浮上し、日本株高を好感した円売りが主要通貨を押し上げた。ドル・円も円売りがサポート。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円67銭から103円83銭、ユーロ・円は126円71銭から126円96銭、ユーロ・ドルは1.2208ドルから1.2235ドル。