6日午前の東京市場でドル・円は、102円80銭近辺で推移。米国株式先物は下げており、日経平均は小幅安で推移しているが、米国の政治不安に対する警戒感は消えていないことから、リスク回避目的の円買いは縮小している。ジョージア州上院選挙(決選投票)で共和党候補者が僅差でリードしており、民主党の上下両院支配の可能性はやや低下していることから、リスク回避的な円買いは抑制されるとの見方も出ている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は102円59銭から102円83銭で推移。ユーロ・円は126円14銭から126円47銭で推移、ユーロ・ドルは1.2281ドルから1.2325ドル。



・NY原油先物(時間外取引):高値49.86ドル 安値49.72ドル 直近49.78ドル



【売買要因】

・新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

・英国と欧州連合(EU)による自由貿易協定の暫定発効

・米国の政治不安