以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2020年12月28日10時に執筆



環境問題はあたくしが幼い頃から課題になっておりましたが、ここ最近でIoT(モノのインターネット)などを活用したスマートシティという言葉を耳にするようになりました。未来に繋がる省エネで暮らしやすい街が出来れば、これまでの生活とは変わるかもしれませんねぇ。



改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



世界全体でのEV(電気自動車)シフトが加速する一方で電力不足が懸念されております。2050年には世界の人口が95億人に達するとの試算もあり、未来を見据えたエネルギー利用の効率化や省電力化などが課題となっています。



海外の事例を参考にすればAI(人工知能)を活用した渋滞予測や高速通信インフラ設備など、まさに先端技術により環境問題や利便性を向上させる都市がスマートシティのようなイメージかもしれません。ただ、一概にハイテク化した街をスマートシティと呼ぶわけでもなさそうです。環境に配慮した自然との調和も大切ですし、地方創生や防災に加えてMaaS(次世代移動サービス)などを重点に日本では官民連携したプロジェクトとして進められているようですな。



地方のバスが赤字経営を強いられながらも地域住民の足として廃線には出来ない問題など、AIやIoTを活用した新たな試みによって解決できる可能性もありそうです。日本の場合は税収の減少によるインフラの維持費などが地方行政の負担となっており、テクノロジーの力で解決出来るか期待されております。



自治体と協定を結んでいる企業も増えており、ジョルダン<3710>は大阪府とスマートシティ推進の協定を締結している事が思惑となり買われました。同社はMaaS関連としてもチェックしております。



交通関連では、これからEVが普及すると充電スタンドを考慮した新しい交通システムが必要となるでしょう。昨今のEVブームの潮流もあり明電舎<6508>がEV関連部品を増産するとの報道を受けて、昨年12月中旬に買われました。EVもスマートシティ実現には欠かせませんねぇ。



また、建設コンサル大手である長大<9624>がシステム開発を手掛けるニックスと資本業務提携した事で、スマートシティ関連として物色されたようです。スマートシティ実現には建設業とITのイメージ共有が街の質を決めると言っても過言ではないでしょう。



「AIパワード工務店」というコンセプトを打ち出しているKSK<9687>も建設とAIを巧みに掛け合わせたスマートシティ関連として思惑があります。業界の垣根を越えて暮らしやすい街を作り上げる方向性はこれから重要になるはずです。



高速通信インフラが張り巡らされた街でIoTのようにあらゆるモノがインターネットで繋がれば、当然ながらそれに伴う危険を防ぐ為にもフォーカスシステムズ<4662>のようなセキュリティに強みを持つ企業が注目されるのではないでしょうか。



あたくし達の生活においてテクノロジーの進化を止める事は不可能でしょう。しかしテクノロジーの活用法を見直して、環境と利便性の調和が取れたスマートシティを目指すタイミングに差し掛かっているかもしれません。



環境をテクノロジーによって人間が管理する事は専門家でも意見が分かれているようです。ただ、現状の生活水準を人口減が進む日本が次世代に引き継げるのか…。あたくし達の世代は未来を見据え、しっかりと考えなければいけませんなぁ。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。



----

執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず