19日午後の東京市場でドル・円は104円付近でのもみ合いが続く。日経平均株価は前日比400円高と強含み、引き続きリスク選好的な円売りに振れやすい。一方、欧米株高観測でドル売りも継続。米10年債利回りは戻りが鈍いため、ドル買いは入りづらいようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円65銭から104円08銭、ユーロ・円は125円20銭から125円86銭、ユーロ・ドルは1.2074ドルから1.2097ドル。