午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円50銭台で推移。ニュージーランド準備銀行(中銀)は今後数週間に予定している、経済指標の発表を延期すると発表した。サイバー攻撃でデータが流出したことを受けたことが要因のようだ。3-4週間の延期が見込まれている。



一方、東京株式市場は日経平均が105.04円安と弱含みしている。政府は否定しているものの、東京オリンピック中止の報道で、景気への影響懸念から積極的に買いを入れにくい状況のもようだ。また、指数に寄与度の高いソフトバンクG<9984>やTDK<6762>が下落していることが相場の重しとなっているようだ。