27日午前の東京市場でドル・円は、103円70銭近辺で小動き。日経平均の上げ幅は大幅に縮小しており、反落の可能性が高まっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明を控えており、市場参加者の多くは様子見姿勢。リスク選好的なドル買いは一巡しつつある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円59銭から103円72銭で推移。ユーロ・円は125円99銭から126円15銭で推移、ユーロ・ドルは1.2157ドルから1.2170ドル。