9日午後の東京市場でドル・円は弱含み、104円80銭台に値を下げた。米長期金利の低下を受けたドル売りは一服したが、米株式先物の軟調地合いで今晩の株安を警戒した円買いに振れている。日経平均株価も上げ幅を徐々に縮小し、日本株高を好感した円売りが抑制された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円84銭から105円26銭、ユーロ・円は126円64銭から126円84銭、ユーロ・ドルは1.2047ドルから1.2082ドル。