11日午後の東京市場でドル・円は104円60銭付近と、変わらずの値動き。ドル売りの継続で、ユーロ・ドルは1.2130ドル付近に浮上している。欧州やオセアニアの通貨は対ドルで上昇し、クロス円を押し上げた。ドル・円はクロス円の上昇に下支えされているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円58銭から104円65銭、ユーロ・円は126円72銭から126円85銭、ユーロ・ドルは1.2114ドルから1.2127ドル。