ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州中央銀行(ECB)はユーロの動向を引き続き注視していること、ユーロ圏諸国における経済規制措置がすみやかに解除される保証はないことから、リスク選好的なユーロ買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・ECBはユーロ高を監視へ

・ウイルス感染拡大を受けてユーロ圏経済は1-3月期も停滞予想

・ユーロ圏と米国の成長率格差を意識したユーロ売り・米ドル買い



【ユーロ買い要因】

・4-6月期以降におけるユーロ圏経済の回復期待

・復興基金の効果的な活用で景気回復は多少早まる可能性

・欧州におけるウイルスのワクチン接種拡大への期待