APHD<3175>:506円 カ

ストップ高買い気配。オイシックス・ラ・大地との資本業務提携を発表しており、今後の業績回復につながっていくとの期待感が先行する形に。社長を中心に第三者割当増資を実施、オイシックスもこれを引き受け、持株比率は5.56%となるもよう。ほか、投資ファンドなどへの優先株も発行する。オイシックスとは商品を共同開発するほか、食材の共同調達などでも協力、オイシックスの持つ販路や宅配ノウハウなどが活かせるとの見方に。





ミツバ<7280>:613円 カ

ストップ高買い気配。一昨日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は40.2億円で前年同期比37.2%減益となっているが、上半期21.2億円の赤字から黒字に転換し、通期予想は従来の6億円から60億円にまで大幅上方修正している。中国が引き続き堅調に推移しているほか、日本、欧米エリアの売上高も復回復、コスト抑制も寄与しているようだ。業績修正幅の大きさがポジティブなサプライズにつながる形へ。






東京電力HD<9501>:394円(-16円)

大幅続落。一昨日に第3四半期決算を発表、累計経常利益は2356億円で前年同期比24.0%減益、市場予想を350億円程度下回る着地になっている。需要減少や競争激化の影響で需給・託送収支が悪化している。また、通期予想は引き続き未定としている。電力スポット市場の高騰や柏崎原発稼働期待などで、年初から株価は大きく上昇しているが、あらためて足元の環境の厳しさが認識される形にも。






シチズン<7762>:389円(+20円)

大幅続伸。一昨日に第3四半期決算を発表、累計営業損益は61億円の赤字であるが、10-12月期は22億円の黒字に転換。通期計画は従来の140億円の赤字から105億円の赤字に増額、ほぼコンセンサス水準までの上方修正に。第3四半期上振れ分のみの上方修正であり、一段の上振れなども期待されているもよう。時計の流通在庫正常化や工作機械の受注回復など背景。収益水準は依然低水準だが、買い戻し先行の流れなどにはつながる形に。






トヨタ自<7203>:8398円(+268円)

大幅続伸。一昨日は取引時間中の第3四半期決算発表を受けてもみ合う展開になったが、本日は決算評価の動きが優勢になっている。10-12月期営業利益は9879億円で前年同期比54.3%増益、通期予想は従来の1兆3000億円から2兆円、前期比16.6%減にまで上方修正している。市場コンセンサスの1兆5000億円超を大きく上回る水準に。収益体質の一段の高まりを受けて、今後の成長投資などがさらに強化できるとの期待も高まっているもよう。





アライドアーキ<6081>:647円(+100円)

ストップ高。21年12月期の営業損益予想を前期比33.9%増の4.00億円の黒字と発表している。マーケティングDXの需要拡大の流れがSaaS事業とソリューション事業への追い風になると見込んでいるようだ。なお、20年12月期の営業損益は2.98億円の黒字(前期実績1.57億円の赤字)で着地し、会社計画(2.30億円の黒字)を上回った。人件費や貸倒引当金繰入額など決算関連コストが想定を下回ったことが背景。






SEMITEC<6626>:5640円(+705円)

ストップ高。21年3月期の営業利益を従来予想の19.00億円から25.00億円(前期実績10.89億円)に上方修正している。自動車関連が日本・韓国を中心に好調に推移すると見込まれることが背景。第3四半期累計(20年4-12月)は前年同期比135.1%増の21.48億円で着地した。中国で体温計向けの特需販売があったほか、北米でも血糖値測定器向けが増加し、利益を押し上げた。






フェローテク<6890>:1878円(+187円)

大幅反発。21年3月期の営業利益を従来予想の65.00億円から90.00億円(前期実績60.12億円)に上方修正している。半導体マテリアル製品の受注などが堅調に推移しているほか、半導体ウエーハ子会社の持分法適用関連会社への異動を反映させた。併せて期末配当を従来予想の12.00円から14.00円(前期末実績12.00円)に増額修正している。年間では26.00円(前期実績24.00円)となる。