NY外為市場で債券利回りの上昇に伴いドルが底堅い。ドル・円は105円40銭から105円56銭へ強含んだ。ユーロ・ドルは1.2140ドルから1.2116ドルまで反落。ポンド・ドルは1.4036ドルから1.4010ドルへ弱含んだ。



米国債相場は続落。10年債利回りは1.36%まで上昇した。NY連銀のウィリアムズ総裁はCNBCとのインタビューで、財政支援、ワクチン接種ペースの加速で下方リスクが低下したことが背景となっている長期債利回りの上昇は懸念ではないとした。また、経済が依然深刻な状況にあり、完全な景気回復には時間を要するとの考えを示した。