23日午前の東京市場でドル・円は、104円95銭近辺で推移。米増税観測を嫌気したドル売りは一巡したようだが、中国本土株式の値動きはまちまちとなっており、有力な売買材料にはなりにくい。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円92銭から105円10銭で推移、ユーロ・円は127円66銭から127円78銭で推移、ユーロ・ドルは1.2155ドルから1.2167ドルで推移している。



・NY原油先物(時間外取引):高値62.17ドル 安値61.52ドル 直近61.60ドル



【売買要因】

・米追加経済対策案成立への期待持続

・米長期金利の上昇

・米増税観測