NY外為市場でドルは底堅く推移した。ドル・円は105円06銭から105円23銭まで強含んだ。ユーロ・ドルは1.2166ドルから1.2144ドルへじり安推移。ポンド・ドルは1.4054ドルまで下落後、段階的なロックダウン解除への根強い期待にく1.4117ドルまで上昇。



パウエル議長は上院銀行委員会の証言で、金融緩和を当面維持する姿勢を再表明した一方、2021年の成長見通しを6%台成長に引き上げる可能性を示唆。



米国債相場は上下に振れ、10年債利回りは1.39%まで上昇後、1.34%まで低下した。