欧州市場でドル・円は109円付近まで値を下げる場面もあったが、その後は底堅く推移する。米10年債利回りの低下は一服し、ドル売りはいったん収束したようだ。また、欧米株価指数の堅調地合いでユーロ・円は下げ渋り、ドル・円をサポートした。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円99銭から109円19銭、ユーロ・円は130円05銭から130円23銭、ユーロ・ドルは1.1919ドルから1.1940ドル。