以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2021年3月15日13時に執筆



3月は決算シーズンという事もあり、コロナ禍で株式投資に参入した投資家にとっては配当や優待が楽しみとなる時期かもしれませんなぁ。ただここ最近は相場不安定ではありますので、堅実な投資で切り抜けたいものです。



改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



3月6日に米国では、新型コロナウイルス対策法案が可決され一人あたり最大で1400ドル(約15万円)が支給される方針です。今回で3回目となる現金給付は高所得者には支給されないようですが、新たに株式投資を始めた若者を中心にこのマネーが株式市場へ流入するとの憶測があるようです。



ここ最近は米国の長期金利上昇が懸念されましたが、1.5%というのは決して大きな水準ではないと考えられますし、引き続き変則的なイールドカーブに警戒感を怠らなければバブル時のような熱狂と暴落には繋がらないのでは…とやや楽観的に見ています。



とはいえ長期金利上昇のリスクが完全に無くなった訳ではなく、長短金利差がリーマンショックやITバブル時に類似しているとの指摘もあります。ただ、異常な金融緩和によって支えられている今の株式市場に過去の経験則がそのまま当て嵌まるのか慎重に見極める必要もあるでしょう。



まだ先の話になりそうですが、新型コロナが収まり実体経済の回復が確認できれば政府が何らかの政策転換へ舵を切る事も予想されますので、長期金利への警戒も含めて今の段階で闇雲にリスクを取った投資は注意する必要がありそうです。



それでも過去のリーマンショックやITバブルを経て日経平均が30年ぶり高値やNYダウが過去最高値を更新したわけですから、中長期目線では上昇トレンドへ向かうと信じたいですねぇ。



さて、タイトルの通り今回もこれからの活躍が期待されるIPO銘柄をピックアップしてみました。コロナ禍で人気化したDX関連からは、顧客対応をクラウド化したソフトウェア『Discoveriez』を提供するジーネクスト<4179>は人気化しそうですねぇ。26日の上場ですが、高寄りしそうですねぇ。セカンダリーに妙味はあるかと監視予定です。



各種金融商品の相談やソリューションを展開するブロードマインド<7343>も26日上場予定となっています。最近は投資家サポートを提供する企業が高値を付けている事から同社も相応に注目されるのではと見ています。



同じく26日に上場するイー・ロジット<9327>は、通販物流代行を担う物流企業です。コロナ禍では通販の需要は大きいながらも、小型株であるからか世間の注目度はまずまずか…30日に上場予定のスパイダープラス<4192>は、建設現場の図面管理や情報共有システムを提供するなど建設とITを組み合わせた技術力は注視しております。



最後はLINEとソフトバンクG<9984>が出資した事で話題となっている台湾のAIテクノロジー企業 Appier Group<4180>です。ユニコーン企業との噂もあり、市場期待は高い模様。顧客の購買行動を分析して潜在顧客まで見つけ出すAIは導入する日本企業も多く、人気化は必至でしょうが、押し目もあれば中長期目線でしっかりと監視をしたい企業ですな。30日上場予定となっています。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず