<円債市場>

長期国債先物2021年6月限

寄付151円26銭 高値151円38銭 安値151円24銭 引け151円26銭

売買高総計14259枚



2年 422回 -0.140%

5年 146回 -0.095%

10年 361回  0.075%

20年 175回  0.445%



債券先物6月限は、151円26銭で取引を開始。夜間取引の軟調展開を受けて売りが先行したもようで151円24銭まで下げた。その後、米長期金利の低下を受けて買われ151円38銭まで上げたが、日本の金利低下が急ピッチだったとの見方や根強い米金利先高警戒などから売りが再び優勢になった。現物債の取引では、2年債、5年債、10年債が売られ、20年債が買われた。



<米国債概況>

2年債は0.14%、10年債は1.65%、30年債は2.35%近辺で推移。

債券利回りは低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.33%、英国債は0.78%、オーストラリア10年債は1.72%、NZ10年債は1.66%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・21:30 米・10-12月期経常収支(予想:-1880億ドル、7-9月期:-1785億ドル)

・22:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加(金融政策と経済)

・23:00 米・2月新築住宅販売件数(予想:87.0万戸、1月:92.3万戸)

・23:00 米・3月リッチモンド連銀製造業指数(予想:16、2月:14)

・24:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁オンライン討論会参加

・01:00 パウエル米FRB議長とイエレン米財務長官が下院委員会出席(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法関連)

・02:00 米財務省・2年債入札

・03:45 ウィリアムズNY連銀総裁オンライン討論会参加

・04:45 ブレイナード米FRB理事討論会参加(経済見通し、全米企業エコノミスト協会年次会合)