午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=108円50銭近辺で推移。8時50分に発表された2月の企業向けサービス価格は0.1%マイナスとなった。市場予想の0.5%マイナスを上回った。なお、前回1月は0.4%マイナス。



一方、東京株式市場は日経平均が273.35円安と寄り付きから下げ幅を拡大している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が1770円安で63円のマイナスの寄与度となっていることが相場の重しとなっているようだ。また、ソフトバンクG<9984>も174円安となり37円のマイナス寄与度となっている。