NY外為市場では金利の上昇が一段落したほか欧州通貨の買戻しに連れ、ドル買いも一服した。ドル・円は朝方の高値109円85銭から109円55銭まで反落。ユーロ・ドルは1.1773ドルから1.1805ドルまで上昇した。ポンド・ドルは1.3750ドルから1.3812ドルまで上昇。



10年債利回りは1.68%から1.64%まで低下した。ダウ平均株価は170ドル高で推移した。ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁はブルーンバーグTVとのインタビューで、「長期金利の上昇は経済への楽観的見方を反映している可能性」「金利の上昇は歴史的にも大きいものではない」との考えを示した。