午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円70銭近辺で推移。野村HD<8604>が8時45分に米国子会社で20億ドル相当の損失発生の可能性とのリリースが発表された。損失は26日時点の数値であり今後、変動する可能性があるとしている。また、同時にドル建て債の発行の中止も発表している。



一方、東京株式市場は日経平均が266.91円高と寄り付き近辺の値動きでの推移となっている。指数に寄与度の高い東京エレクトロン<8035>が1820円高と大幅上昇し相場を下支えしているようだ。なお、ファーストリテイリング<9983>は210円高と小動きにとどまっている。