31日午前の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、110円前半から後半に水準を切り上げた。米10年債利回りの上昇で、ややドル買いの流れ。一方、日経平均株価や上海総合指数は軟調地合いだが、米株高観測で円買いは後退し主要通貨を押し上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円28銭から110円73銭、ユーロ・円は129円26銭から129円77銭、ユーロ・ドルは1.1710ドルから1.1726ドル。



【経済指標】

・日・2月鉱工業生産速報値:前月比-2.1%(予想:-1.3%、1月:+4.3%)

・中・3月製造業PMI:51.9(予想:51.2、2月:50.6)

・中・3月非製造業PMI:56.3(予想:52.0、2月:51.4)