31日午後の東京市場でドル・円は110円70銭付近に失速。米10年債利回りの上げ渋りを受け、ドルは主要通貨に対して弱含む展開となった。ユーロ・ドルは買戻しで1.1700ドル付近から1.1720ドル台へ小幅に持ち直すと、ドル・円への下押し圧力に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円28銭から110円96銭、ユーロ・円は129円26銭から129円88銭、ユーロ・ドルは1.1704ドルから1.1726ドル。