午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=110円50銭近辺で推移。台湾の東部の花蓮県にある大清水トンネルで特急列車が脱線し、36名の心肺停止、4名の死亡者が確認されたもよう。工事用車両が列車に衝突したことが明らかになっており、原因は不明。



一方、東京株式市場は日経平均が450.28円高と本日の高値圏での推移となっている。前場から続く半導体関連銘柄物色の流れが指数の上昇に寄与しているようだ。また、後場に入り指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が2340円と一段高しており、相場をけん引しているようだ。