5日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、足元は110円60銭台に値を戻した。日経平均株価は前日比200円超高の堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが観測される。また、米10年債利回りは1.72%台に上昇し、ややドル買いに振れているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円52銭から110円75銭、ユーロ・円は130円05銭から130円26銭、ユーロ・ドルは1.1755ドルから1.1772ドル。