ドイツ連銀のバイトマン総裁はインタビューで、ドイツの2021年経済の12月時点の見通し3%成長を達成する可能性は少ないとの見解を示した。

新型コロナウイルス感染が収束せず、再度ロックダウン入りしたため。



ドイツやユーロ圏の回復の遅れはすでに織り込み済みと見られユーロの反応は鈍い。

ユーロ・ドルはドル売りが強く、1.1846ドルまで上昇後も高止まり。

ユーロ・円は130円30銭から129円82銭まで下落後も戻りが鈍い。ユーロ・ポンドは0.8556ポンドまで上昇後、0.8545ポンド付近で伸び悩んだ。